データベース作成

Pocket

cmsは導入すれば良いということではなくて、サイトの性質などのことも考えてどのcmsを選べば良いかということを考える必要があります。データベースを用いたコンテンツ生成は、既に10年以上以前より行われていることです。そのような方法によって、コンテンツ管理が楽になる思いは現在でも多くの人たちがお持ちでしょう。

しかしそのために導入や運用の労力、システムの導入に費用がかかってしまったという痛い体験をする人たちも少なくはありません。これは、コスト面での見積もりの甘さが原因になっています。しかし、一度始めた以上はやめられないという状態にも陥りやすく、元を取ることもできないという何ともやり切れない状態にもなりえます。

それでは、そのような状態にならないためには、何が必要なのでしょうか。それは、利用する方が何を望んでおり、何をすることでその効果が得ることができるのかという分析能力であり、ビジョンを持った行動指針を立てることができるのかという計画性にもつながります。また、それを実現させるために社内の人員に調整をすることも必要になるため、かなり大掛かりなプロジェクトになることが予想されます。

データベースは、サイトデザインから見ても、運用から見てもメリットの大きいことですが、それに対するハードルももちろんあります。しっかりとそれを見極めるようにしましょう。

二つの選択肢

Pocket

cms・コンテンツマネジメントシステムを導入する時独自で開発するという方法もあります。またはパッケージを使用して開発するという選択肢もあります。もちろん独自で開発しなければならない時、cmsの仕組みからコーディングの知識までしっかりcmsについて理解を深めておく必要があります。なかなか自分の会社でサイト作りにゼロからスタートするのも難しく、専門業者に依頼するのが一般的方法と考えられています。ただしそのような努力をすることで、デザインやサイトの構造などフレキシブルな展開が出来オリジナル性の高いサイトの構築をすることが出来ます。

パッケージを使用して開発して行こうとする場合では逆にそれ程Webに対して知識を持っていない人たちでも導入することが出来るメリットがあります。 しかしそれはあくまでもテンプレートによる制作ということになり他社と差別化することが出来ないのがデメリットとして考えることが出来ます。現状ではこのようなcmsのあり方がどんどん浸透しているのではないでしょうか。

パッケージでも全然問題なしと考えているような人たちもかなり多いようです。コンテンツマネジメントシステムを導入することは、二つからまずは選択してみましょう。

cmsとは何か

Pocket

今、cms・コンテンツマネジメントシステムというもののニーズが高まっているようですが、きっとまだコンテンツマネジメントシステムについて知らないちょっと時代に乗り遅れたような人たちがいるのではないでしょうか。 コンテンツマネジメントシステム、Contents Management Systemそれは、簡単に言ってしまえばホームページ自動構築ソフトのことです。コンテンツマネジメントシステムによって、テキストや画像を用意するだけで自動でレイアウトを作成することが出来ますし、あらかじめ容易されたテンプレートの選択だけで簡単にレイアウトを実現させることが出来ます。

あらかじめ重要なタグが適所に施されいるから、SEO対策も出来、アクセスアップに貢献することが出来る方法です。コンテンツマネジメントシステムを取り入れることで、ホームページ制作の初心者でも案外簡単に見た目の美しいホームページを実現することが出来ます。一からサイトを構築するというモチベーションをここでは持つ必要はありません。短時間で効率的にサイト作成をしたいというのなら、ここに大きなメリットがあります。

ホームページ制作を、敢えて専門のスタッフに任せる必要もなく人件費を浮かせることが出来ます。ここではリンク切れの心配もする必要はありません。ただしまずはそれ自体の使い方を勉強する必要があり、既に完成出来ているサイトなら、移行するための作業がいささか面倒くさいということがあります。